残便感は食事で改善しよう|不快感を残さないために

すっきりしない不快感

考える男の人

痔やほかの病気の可能性も

便意をもよおし、いざトイレに行ってもスッキリとしないことがあります。まだ出そうなのに出ない、何か残っている感じが不快という症状が、いわゆる残便感というものです。残便感というのは、個人の感覚なので、肛門や腸付近に違和感や不快感があるものの、実際にはすべて出し切っていている場合や、自分の間隔の通りまだ便が残っている場合もあります。実際には便が出きっているのに感覚だけが不快だったり残っている感じがする場合は、ちょっと自分の感覚が鋭くなっていたりするためでいいのですが、実際に便が残っていて強い残便感があったり、気持ちが悪いなどの不快感が強い場合は何らかの病気の可能性があり、放置してはいけない場合があります。

一番の大敵は便秘です

残便感を感じる場合、便秘などで便が詰まっている感じがしたり、固い便や柔らかい便が繰り返されたりすることで残便感につながることがあります。また、排便した時に痛みがある場合は、痔をともなっている場合もあります。残便感が一番感じる症状は、便秘の時だと言えます。便秘になると、便が大腸にとどまっている時間が長くなるため、水分がなくなって便が固くなります。固くなった便がころころしたり、量が多いとその分残便感を感じやすくなります。便秘で残便感を常日頃感じる人は、便秘を解消することで改善されることがあります。バランスのよい食生活を心がけ、ヨーグルトや発酵食品をとるなど、食事を工夫しましょう。また、水分も取りストレスをためない生活を送ることで便秘が軽減されることがあります。

便秘になったら

錠剤

便秘になったら便秘薬に頼って排便することも大切です。いつまでも溜め込んでしまうと出口で固くなり、動かなくなってしまい、切れ痔などを引き起こしてしまいます。人気のココナッツオイルなどもうまく利用して便秘対策をしましょう。

もっと読む

毎朝すっきりするために

錠剤

便秘は多くの人の悩みです。たくさんの種類の便秘薬が販売されていますが自分の症状に合ったものを選ぶことが大切です。便秘薬を慢性的に使うと腸の働きを弱めてしまうので、生活習慣を改善したうえで困ったときだけ使うのがおすすめです。水を飲み、食物繊維や発酵食品を積極的に摂取するようにしましょう。

もっと読む

酵素ダイエットがおすすめ

メジャーと体重計

楽に痩せる方法としては、酵素ドリンクや酵素サプリを賢く利用するのが安全でしかも効果的です。現代人は酵素が不足していることが多いので、ドリンクやサプリで酵素を補うことで衰えていた代謝機能をよみがえらせ、楽に痩せることが可能となります。

もっと読む