残便感は食事で改善しよう|不快感を残さないために

便秘になったら

錠剤

女性に多い悩みのひとつが便秘です。便秘になるとお腹が張って辛いし、肌の調子も悪くなるので、できれば避けたいですよね。日頃から便秘にならないように気をつけて生活することが大切です。食事内容を見直したり、定期的に運動したりすることである程度改善されるでしょう。それでもなかなか出ないという方は便秘薬に頼るもの一つの手です。便秘薬はいろいろな種類がありますが、マグネシウム系の便秘薬がおすすめです。病院では妊婦さんにも処方されるものなので、人気です。急にお腹が痛くなるという便秘薬ではなく、便を柔らかくしてから排出を促すというものなので、安心して使用できます。また、便秘薬を使い続けて慣れるということがあまりないという点も人気の理由です。

便秘になると便秘薬を使うということも一つの方法ですが、いつも便秘薬に頼ってしまうと自分で排便する力が弱まってしまうので、できるだけ自力で排便できるように生活することが大切です。女性はとくにダイエットとして食事を抜くという人がいますが、食べなければ便のかさは増えないので、便秘になりやすいです。玄米や五穀米など体によく食物繊維豊富な食材に替えることで、ダイエットを兼ねた便秘対策をおすすめします。最近人気のあるココナッツオイルなどは美容にも良く、オイルが便をするっと出やすくしてくれます。また、炭酸水も人気のダイエット法ですが、炭酸水も腸のぜん動運動を活発にし、便意を促す効果があります。ぜひ、試してみてください。